東京と霊園管理に関して

間もなく日本は超高齢化社会に突入しますが、介護従事者の不足と共に懸念されているのが、お墓の土地問題ではないでしょうか。地方に住んでいると実感に乏しいですが、東京などではお墓の土地も抽選になることがほとんどです。やはり利便性を考えるので、高い抽選倍率になれば50倍を超えることがあります。希望の土地が手に入らなければ、東京以外の場所を確保することになります。民間が管理をする霊園は、立地が素晴らしい反面少し値段が高くなります。その点、お寺が管理する霊園は少し値段が下がります。お墓を建てる上で大切なことは、何よりも利便性ではないでしょうか。どんなに高台の好立地でも、車で一時間では値打ちが半減します。霊園見学会も定期的に開催されているので、焦ることをせずに足を運ぶことが重要ではないでしょうか。御先祖さまもそう望んでいます。

東京での霊園をお探しの方へ

東京都において霊園や葬儀所をお探しの方は、雑司ケ谷、青山、谷中、染井、八柱、八王子、多磨、小平、瑞江葬儀所、青山葬儀所があります。場所として、雑司ケ谷は副都心、池袋に近い南池袋の住宅街の中に位置し、小説家や音楽家など文化人が眠る墓所として、散策に訪れる人も多い霊園です。青山は、港区青山のビル街に近い地にあり、都心において貴重な緑の空間としてもなっています。谷中は寺町の中にあって、園内には幸田露伴の小説で「五重塔」のモデルにもなった天王寺五重塔の跡もございます。染井は都立園の中でも最も小さい規模の園で桜の古木が点在する中に歴史を感じさせる墓地もあります。八柱は千葉県松戸市にあり、小高い丘とその谷間につくられた明るい雰囲気の園で、八王子は最も新しい芝生型の公園墓地です。多磨は都立園の中でも最も大きい園で、小平はケヤキ並木の表参道が小門まで続いており、緑の芝生に覆われた明るい墓地としても有名です。

意外と多くの霊園がある東京

霊園とは共同墓地のことです。最近では屋内の納骨堂を霊園と言う場合もあるようです。時代の変化に伴って、葬儀の形態が変化してきています。その結果、先祖から伝わるお墓にも現代の社会事情である少子化や核家族化などの影響が見られるようになっています。東京は、日本の経済や政治の中心地である大都市です。人口も非常に多く、従って人口密度も全国の平均をはるかに上回っています。東京で葬儀を行う場合には、火葬場不足で場合によっては数日待たなくてはならなくなっています。墓地も同様にその需要も高くなっていて、墓地を探すのも難しく感じられるようですが、東京には意外と多くの霊園があり、交通の便利な場所に墓地を購入することも比較的容易です。また、多摩地域などには、広くて景色も良い場所も多くあり、交通の便が多少悪くても、送迎バスなどの差サービスが充実しているようです。